リフトアップエステランキング!顔のたるみ解消ならここ!

リフトアップエステにはこれ!ランキングを見て顔のたるみ解消しよう!

クリニックでリフトアップ施術

 

現在ではクリニックでリフトアップを施術で行う人もたいへん増えました。これは技術の進歩が大きくかかわってきています。とはいっても人の手による施術ですのでクリニック選びは重要です。しっかりとカウンセリングをしてくれるところ、

 

自分の思い描いたものがドクターに伝わっていないと、施術後のトラブルにもなりかねません。難易度の高い施術になれば、ドクターの評判や実績なども調べておきたいものです。また費用も高額になりますので、よく理解し納得した上で施術をする必要があります。

 

クリニックで主に行っている施術は、糸を使ったリフトアップ法、レーザーを使った方法、ボトックスやヒアルロン酸を注入する方法、メスを使ったリフトアップ法などがあります。最も効果が高く、持続期間が長いのがメスを使ったリフトアップ法です。

 

メスを使ったリフトアップ法だけでもミニリフト(部分シワ取り)からフルフェイスリフトまで色々な施術があります。最近注目されているスレッドリストと呼ばれるメスを使った施術で、これは特殊な糸を埋め込み、たるんでいる個所を引き上げる施術です。通常のメスを使ったリフト施術よりも切開が少なくすみます。

 

いずれにしても患者一人ひとり肌の状態や希望が違うように患者の数だけ施術方法はあるはずです。しかしどのリフトアップ施術にしても体の負担や多少なりとも痛みを伴うものです。施術を受ける際はリスクも考えておきましょう。

 

ヨガでリフトアップ

 

女優さんが若い役に入るときには目尻にテープを貼ってフェイスラインを引き上げるそうです。このヨガのポーズは同じ効果があります。「今夜デートなんだけど、最近疲れ顔で・・・」など悩んでいる人は試してみてはいかがでしょう。5分ですっきり顔になります。

 

リフトアップのポーズ
まず、椅子でも正座でも大丈夫です。リラックスをして呼吸を整えます。ヨガは呼吸を大事にしますのでずっと正しい呼吸を維持してください。右手を真横斜め45度に下に伸ばします。こと時、肩が上がらないように誰かが横から引っ張っているようにします。右手はこのままキープです。

 

呼吸を吸いながら左手を自分の方に向けながら、背中・頭・尾てい骨がまっすぐに一本になるようにまっすぐ上に伸ばします。そして息を吸いながらゆっくりと肘を曲げ、中指・人差指・薬指で目尻を引っ張り上げます。

 

さらに息を吐きながら首を左に傾け、この時右手が動かないように胸を張り10秒間キープです。今度は右手の親指・人差指・小指をつき出し10秒間キープです。そして首を傾けている方向に舌を伸ばして10秒間キープです。

 

右が終わった時点で鏡をみてください。顔半分右側がリフトアップされているのが確認できます。これを左右1セットずつですっきり顔が手に入ります。このすっきり顔を維持していくには朝晩1セットやってみてください。ヨガは心身ともに健康になりますのでお勧めです。